• 富士化学工業グループ アスタリール株式会社
  • アスタキサンチンラボ
  • このサイトは、健康や美容をサポートする赤い天然色素「アスタキサンチン」について、最新研究データをまとめているサイトです。
  • アスタキサンチンとは
  • トコトリエノール
アンチエイジング
美肌効果
声の老化
不定愁訴
過活動膀胱
腸内環境
肌状態の悪化予防
疲労対策
眼精疲労
原因物質をつくらない疲労対策
肩こり
脳疲労
スポーツを楽しむ
持久力アップ
原因物質をつくらない疲労対策
脂肪燃焼
男性の悩み対策
メタボ対策
薄毛予防
加齢臭
過活動膀胱
ペットの健康対策
ペットの健康
ペットの慢性疾患
  • アスタキサンチンラボとは
2017/08/02
脳疲労対策肌状態の悪化抑制をアップしました。
2015/04/08
「持久力」「疲労対策」にエビデンスを追加し、アップデートしました。

メタボの相談

えさにアスタキサンチンをプラスするだけでこの違い

第15回カロテノイド国際会議,2008,沖縄
トコトリさん
今日は、最近健康診断で『メタボ気味』と言われて悩んでいるあきらさんの相談です。
あきらさん
秋の健康診断を受けたら、中性脂肪が高いと言われました。腹囲も測ったのですが、
基準値ギリギリですねと言われました。
アスタ博士
メタボリックシンドロームというのは、内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか2つ以上をもっている状態のことです。あきらさんがギリギリだった腹囲は、男性は85㎝以上、女性は90㎝以上であれば内臓脂肪が過剰に蓄積されているということになります。メタボリックシンドロームの診断基準は厚生労働省のHPでも紹介されています。
トコトリさん
あきらさんは中性脂肪が高いと言われたんですよね?
アスタ博士
中性脂肪が高いというのは、脂質異常症のことで、その他にもコレステロール値、特に善玉コレステロールといわれている、HDLコレステロール値の低下が問題になります。
あきらさん
HDLコレステロール!確かに、その値も基準にギリギリでした!
トコトリさん
メタボリックシンドロームって、食べ過ぎや運動不足のような悪い生活習慣の積み重ねが原因ですよね。
あきらさん
僕は学生時代はバレー部に入っていて、食べたい時に食べたいだけ食べても太ったことがなかったんです。今でも食べるのは大好きなので同じペースで食べているけど、運動はあんまりしなくなったなあ。仕事が忙しくて運動している時間があまりないんですよね。30歳を超えたころから急に太りだしましたね。
アスタ博士
確かに普段仕事をしているとなかなか運動する時間もありませんよね。学生時代に運動をやっていた方が30歳を超えて太りだすという声は結構聞かれます。
上の写真は、高脂肪食(左)と同じものにアスタキサンチンを加えたエサ(右)で90日間飼育したマウスの写真です。アスタキサンチンを加えた食餌のマウスはほっそりスマートなだけでなく、毛並みなどの見た目もいいですよね。実際、左のマウスの体重は右の30%増なんですよ。
トコトリさん
30%!体重60Kgの人間の30%増しなら、78Kgじゃないですか。それは大きな問題ですよ…体重を減らすということは、アスタキサンチンは食べる量を減らす作用があるのですか?
アスタ博士
それが、この研究結果では食べた餌の量はほぼ同じなんです。さらにアスタキサンチンを摂取したグループでは体に蓄積している脂肪の重さも大幅に減少していたのです。
あきらさん
これは、まさに僕にもってこいじゃないですか。早く話を聞かせてください。
アスタ博士
メタボリックシンドローム対策にアスタキサンチンが期待できる研究結果をいくつかご紹介しましょう。

アスタキサンチンが脂質異常症に及ぼす影響

血液中の中性脂肪値が、120~200㎎/dlの健康な男女(平均年齢44±8歳)15名ずつのグループに、アスタキサンチンカプセル(1日量6㎎、12㎎)とプラセボカプセル(アスタキサンチンが含まれていない対照カプセル)を12週間摂取してもらいました。それぞれのグループの摂取前後の低下率を比較しました。プラセボグループと比較して、アスタキサンチンを12㎎摂取したグループで中性脂肪の値が有意に低下していました。

中性脂肪の低下率
あきらさん
すごいですね。12週間で25%もダウンだなんて!
アスタ博士
摂取前の中性脂肪値の平均が全グループ約150㎎/dlだったのが、12㎎の12週間摂取で平均110㎎/dlまで下がりました。
また、あきらさんが、基準値ギリギリだったHDLコレステロール、さらには、生活習慣病の予防と改善の作用が期待されるアディポネクチンも同時に測定したところ、プラセボグループと比べて、アスタキサンチンを摂取したグループで有意に増加していたのです。
HDLコレステロールの増加率
トコトリさん
試験期間中の生活はどうだったのですか?
アスタ博士
この期間特に食事制限をしたとか、運動を積極的にやったことはありません。普段通りに過ごしてもらっていますし、プラセボグループも含めて被験者自身にはアスタキサンチンをどれくらい飲んでいるかは知らされていません。
あきらさん
へえ!それはすごいな。ところで、中性脂肪が高いというと、周りの人に血液がドロドロだといわれたんですがどういう意味ですか?
アスタ博士
ドロドロ血というのはよく話題になりますよね。悪玉コレステロールや中性脂肪が多くて、善玉コレステロールが少ない状態にあると、血液がドロドロして血管壁にこびりついたり流れにくくなるため、詰まってしまう可能性もあるのです。ドロドロすると、血管を流れるスピードが遅くなるので、そのスピードを測定するとドロドロかサラサラかがわかります。アスタキサンチンが血液サラサラに影響した研究結果もご紹介しましょう。
ドロドロ サラサラ

アスタキサンチンで血液サラサラ

20名の男性を2つのグループに分け、1日6㎎のアスタキサンチンまたは、プラセボを10日間摂取してもらいました。摂取前後に、血液流動性測定装置*1で血液通過時間を測定したところ、プラセボを摂取したグループには変化はありませんでしたが、アスタキサンチンを摂取したグループでは摂取前と比較して摂取後には有意に短縮されました。*1:MC-FAN(日立原電子工業㈱)

アスタキサンチン摂取による血液通過時間の変化
あきらさん
本当だ、サラサラになっていますね。もう、これはアスタキサンチンを飲むだけで解決じゃないですか!
アスタ博士
いえいえ、メタボの予防には、やはり食事と運動が最も重要な要素ですから、まずはその二つを気を付けてください。ただ、重要な要素の一つである運動に、アスタキサンチンをプラスすれば、さらにうれしい結果が得られたのでご紹介しますね。

アスタキサンチンが内臓脂肪を効率よく燃焼

食餌と運動により、マウスを4つのグループ(普通食/運動なし、アスタキサンチン添加食/運動なし、普通食/運動あり、アスタキサンチン添加食/運動あり)に分けて4週間飼育し、内臓脂肪の重さを測定しました。その結果、食事制限なし(普通食)で運動するだけで内臓脂肪量は有意に減少しました。さらに運動ありの2グループを比較すると、普通食と比較してアスタキサンチン添加食グループでは、と内臓脂肪量は有意に減少しました。

体重あたりの内臓脂肪量
トコトリさん
普通食/運動なしとアスタキサンチン添加食/運動ありを比較すると体重あたりの内臓脂肪量が30%も減っていますよ。
あきらさん
すごいですね!運動するなら絶対アスタキサンチンと一緒に限りますね。
あきらさん
今日は、本当に勉強になりました。
今日から早速アスタキサンチンを積極的に摂ろうと思います。
トコトリさん
アスタキサンチンの抗酸化力を高めるトコトリエノールも、ぜひ一緒に摂ることをお勧めします。
アスタ博士
メタボ対策には、まずは食事、運動、ですよ。アスタキサンチンを摂るからと言って、暴飲暴食はいけませんよ。
トコトリさん
体脂肪の燃焼効率がアップしたり、エネルギーとして脂肪が積極的に使われるなどの研究結果もあるので、ぜひ見ていってくださいね。
「トコトリエノール」で アスタキサンチンを大幅パワーアップ脂肪燃焼の促進効果で ダイエット&メタボ対策
スタミナ切れをふせいで持久力アップ
▲ Go Top